読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生散脳日誌

散財ならぬ散脳。そう、日々のどーでもいいようなことをつらつらと書くブログです。でも、たまにはマジメなこともあるかも...

CDを紹介します。

記念すべき1回目のおすすめCDは…

「水の中のASIAへ」 松任谷由実  1981年  TOCT-10644

です。

出た当時は当然レコードだったんですけど、音質向上のために凝ったつくりになってるんですね。

12インチなのにEPなんです。つまり見た目はLPなのに実はEP的な感じです。

今となってはどーでもいいことですが(笑)

これは、ミニアルバムなので4曲しか入っていません。

トラック1   スラバヤ通りの妹へ

インドネシアで知り合った女の子と話をしている設定。

ユーミンの歌は軽い(良くも悪くも)という人は多いけど、当時のインドネシア反日感情がにじみ出ている一曲。ちなみに歌詞の中に出てくる"Rasa Sayange "はインドネシアの民謡。1回だけ小野リサの歌声で聞いたことがあります。

トラック2  HONG KONG NIGHT SIGHT

唯一ユーミンのオリジナルアルバムの曲で本人が作曲してないナンバーです。といっても作曲は旦那の松任谷正隆ですが…

たしか。松任谷正隆のアルバム「夜の旅人」1977年にオリジナルが入っているはず。

トラック3  大連慕情

大連の父が母にあてた手紙を子が見るという設定。うーん。きっとこの子は父親のことが記憶にないのだろうか(幼くて)

何とも言えない家族愛を感じます。

トラック4 わき役でいいから

ここにきてASIAとは外れユーミンお得意のラヴソングが入っています。ほかに彼女ができても私のことを忘れないで欲しい。という切実な思いが歌われています。そこにはナントなく、女のジェラシー??みたいなものを感じます。

女性いと怖し(笑)

という具合で書いていきます。

シングルもあれは、アルバムもありです。

ただ、時間の関係で今日のようにすべての曲に解説??を付けることはできませんのでごりょうしょうくださいませ。

ながながとしていましたが、読んでくれてありがとうございました!!